施工工程

工程処理方法・使用方法厚み標準
使用量
塗装
間隔
下地処理太平洋E.Kコート下地処理を参照
プライマー処理(1)太平洋E.Kコートの主剤を8、硬化剤を1の割合でよく撹拌します。
(2)ローラーまたは刷毛で塗布します。

※可使時間は常温で約6時間です。;
0.15〜0.2
Kg/m2
2時間
上塗り(1)太平洋SSコート#2000は主剤を3、硬化剤を1の割合でよく撹拌します。
(2)次に、撹拌した太平洋SSコート#2000を1、アサノ珪砂を5の割合でミキサーにてよく混合します。
(3)混練した太平洋SSコート#2000を定木ずりした後、金ゴテで仕上ます。

※可使時間は常温で約20分です。
5mm9
Kg/m2
4時間:
歩行可能
8時間:
車両通行可能
 
 
施工工程図
※アサノSSコート#2000とあるのは「太平洋SSコート#2000」
※アサノE.Kコートとあるのは「太平洋E.Kコート」


添付ファイル: filess2000.gif 362件 [詳細]
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-19 (木) 12:12:47 (4442d)