100円ノート超メモ術のノート改造

使用ノートの問題点

100円ノート、つまりどこにでも売っているノートを活用した超メモ術は、すでにさまざまなメモ術あるいはノート術関連のサイトで紹介されている。汎用のノートを使用し、直ぐにでも活用できるこのアイディアは、分厚いマニュアルなどのインデックスの構築にも応用できるため、ありがたく使わせていただいている。超メモ術とはなに?という人は、まず100円ノート、超メモ術の公式サイトをご覧いただきたい。

 

この超メモ術に使用するノートには、たったひとつだけ条件があった。それは「ノートの端まで罫線が印刷されている」こと。これがないと、せっかくインデックスを作っても直ぐに必要なページを開くことができるデータベース機能が利用できない。つまり小口側*1で罫線が確認できないと、一番のメリットが生かせないわけだ。

 

そのため、小口側の端まで罫線が印刷されているノートが紹介されているし*2、究極の手段としてノートの小口側を切ることも記載されている。しかし、超メモ術公式サイトで紹介されているノートは、どこにでも売っているものではなかった。むしろ簡単に入手できるのはコクヨのCampusノートではないだろうか。なにしろホームセンターでも5冊セットなどで売っているのだ。

 

そこで、簡単にどこでも入手可能なコクヨのCampusノートを超メモ術で使えるように改造すればいいわけだ。それも時間がかからず、簡単にできなければならない。

マーカーを使うだけ

改造方法を一言でいえば「マーカーで小口側に罫線の区切りがわかるラインを引く」、これだけでいい。3色でも2色でも、場合によっては1色のマーカーであっても色を塗らないラインと交互に作ることで、検索ラインが実現できるわけだ。加えてインデックス部分の頭にも、各ラインと同じ色を塗る。

 

たまたま3色のマーカーを持っていたので、ラインを引いてみた。3色と何も色を塗らない部分の4ラインを区分けする。

 
noaround,マーカーでラインを引くだけ
 

全体としては、かなりカラフルなノートができあがった。たぶん、打合せのときにこのノートを出したら、かなりいい話題づくりができるのではないかと思う。

 
noaround,小口側とインデックス部は実にカラフル
 

改造法というほどのものでもない。ポイントは、ノートで検索するとき、下記の写真のようにインデックスと赤の矢印で示した記載ページのマーク部分がわかればいいだけ。これでコクヨのCampusノートばかりではなく、他のノートへも活用できるのではないかと思う。

 
noaround,ポイントはインデックスとマークの一致である
 
 

新たにプラスした展開 →→→ 南の爪/超メモ術のノート改造方法/+コーネル大式ノート

 

コメント

何もないと思いますが、一言あればどうぞ。


  • 例えばリングで綴じられているノートは、この超メモ術には不向きなノートとされています。しかし、この方法であれば使えるような気もします。もっとも、リングで綴じられているノートは端に行くにしたがって書きにくくなるので、使う気はしませんが。 -- しのご 2007-05-23 (水) 12:20:44
  • しのご様、リング式でも使うことができます。馴れてくると少々のづれなんか気になりません。 -- 超メモ術作者? 2008-04-16 (水) 13:18:21
  • 勝手にアップになった(^▽^;)【続き】大量に消費するのでシステム手帳をラフに使っています。ただし、リングがあるので左ページに書くのは難しいので右ページに書いています。(1枚なので裏面の使っています)。インデックス(キーワード)は最初のページを使うという変則利用です。詳しくは省略。 -- 超メモ術作者? 2008-04-16 (水) 13:23:30
  • 超メモ術作者様、コメントありがとうございます。確かに右ページだけに書けばいいのかもしれませんね。左ページには流行りのコーネル大式ノートのように、後からサマリーでも書いておけばいいのかもしれません。 -- しのご 2008-04-16 (水) 13:46:00



*1 背表紙の反対側
*2 他のサイトでは方眼ノートを活用するアイディアも見られた。

添付ファイル: filenote03.jpg 570件 [詳細] filenote02.jpg 638件 [詳細] filenote01.jpg 616件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-16 (水) 13:46:00 (3841d)