しおり付きPDFの作成

OpenOffice.orgを使っていながら、正直に言うとしおり付きPDFを作成できることを知らなかった。特にマニュアルのような文書の場合、しおりを付けられれば、便利なのにと思っていたのだが、OpenOffice.orgならば、これが簡単に作成できることが分かった。 :D

 

そこで、OpenOffice.orgでしおり付きPDFファイルを作成する方法を紹介したい。

 

アウトライン構造の文書を準備

しおり付きのPDFファイルを作成するには、Writerで目次を作らなければならない。それには、アウトライン構造を持った文書としなければならないわけだ。要するに、章や項、節などの見出しは、スタイルの適用などできちんと見出し1、見出し2、見出し3と指定する。見出しのフォント、サイズなどはスタイルと書式設定で変更が可能だ。

 
スタイルの適用
 

次に、ツールバーの挿入から目次と索引→目次と索引と進み、目次の設定を表示させる。設定項目欄に目次と記載されていれば、とりあえずデフォルトのままでいいかもしれない。

 
目次の設定
 

そうすると、下記のように文書中に目次が挿入されるわけだ。

 
目次が完成
 

なお、目次の作り方をもっと詳しく知りたいという人は、「OpenOffice.org 目次 作り方」などのキーワードで適当に検索すること。また、動画によるマニュアルで目次作成などというものもある。

 

PDFの設定

しおり付きPDFファイルを作るには、まずツールバーのファイルからPDFとしてエクスポートを選択する。

 
PDFとしてエクスポートを選択
 

すると各種設定ができるボックスが表示される。まずは全般で「ブックマークの作成」にチェックを入れる。

 
ブックマークの作成をチェック
 

次に初期値から「ブックマークとページ」にチェックを入れる。

 
ブックマークとページをチェック
 

あとは「エクスポート」ボタンを押すだけ。これで下記のとおり、しおり付きPDFファイルが完成する。しおりから本文へのリンクもきっちり機能していることは、もちろんだ。

 
しおり付きのPDFファイル
 

しおり付きPDFファイル見本

できれば見本をみてみたいという人もいるだろう。よさそうな長文の文書がなかったので「青空文庫」から階層構造を持ちそうなテキストとして、「紙の歴史(桑原 隲蔵)」を拝借した。

 

とりあえずページ数を入れて、見出しを設定。下層に相当する見出しがなかったので、引用文を表示するための2文字下げの項目を下層の見出しとして設定した。とりあえず、サンプルとして下記に設置したので、ご覧いただきたい。なお、パタパタと見本用に作成したので、「作り方がヘタクソ」などと文句は言わぬこと。

 

コメント

コメントがあれば、どうぞ。


  • Acrobatは持っていないので、Acrobatを使った場合、どのように設定するのかは分かりません。でもAcrobatを使用するよりは、はるかに簡単だろうと思います。 -- しのご 2009-12-10 (木) 13:35:06
  • 追記ですけど、ImpressでもOKです。 -- しのご 2009-12-10 (木) 16:56:03



添付ファイル: fileooo_pdf_sample.pdf 1455件 [詳細] filepdf_sample.jpg 358件 [詳細] filecheck02.jpg 365件 [詳細] filecheck01.jpg 401件 [詳細] filemenu.jpg 365件 [詳細] filemokuji.jpg 401件 [詳細] filejyunbi02.jpg 343件 [詳細] filejyunbi.jpg 378件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-12-10 (木) 16:56:03 (3145d)