• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#norelated

#contents

#br

**マンダラートPLUSノート [#i52f3144]
自分自身で[[マンダラート>http://www.mandal-art.com/]]の[[「超」整理手帳用リフィルシート>南の爪/「超」整理手帳、自作リフィル/続々編]]を作ってはみたものの、いまひとつしっくり来ない。その原因を考えてみると、シートでバラバラとなるのではなく、やはり1冊のノートにまとまっていた方がいい。
自分自身で[[マンダラート>http://www.mandal-art.com/]]の[[「超」整理手帳用リフィルシート>南の爪/「超」整理手帳、自作リフィル/続々編]]を作ってはみたものの、いまひとつしっくり来ない。その原因を考えてみると、展開するテーマによってシートごとにバラバラとなるし、まとまりがつかない。扱うテーマなどによっては、やはり1冊のノートにまとまっていた方がいいだろうし、いろいろな手法を組み合わせて考えるのにもノートの方が便利だ。

#br

そこで[[プライベート・ライティング>http://www.amazon.co.jp/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F-%E2%80%95%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC/dp/product-description/456963074X]]+[[100円ノート「超」メモ術>http://dbmemo.com/]]+[[マンダラート>http://www.mandal-art.com/]]の三つの手法を組み合わせたA5ノート((ノートの大きさがA5版であることに意味はありません。アイデアマラソンの樋口健夫氏のように、たまたま自分自身でよく使うノートのタイプがA5であるだけです。))を作成することにした。こうした組み合わせは面倒なようだが、ノート作成段階で少々時間が必要なだけで、それぞれの特色は生かされている。

#br

なお、プライベート・ライティングを解説している「書きながら考えるとうまく行く! プライベート・ライティングの奇跡(マーク・リービー著、PHP研究所刊)」は絶版になっているようだが、心配はない。近所の公立図書館などから借りて読めばいい。買うほどでもない。 ;)
なお、プライベート・ライティングを解説している「書きながら考えるとうまく行く! プライベート・ライティングの奇跡(マーク・リービー著、PHP研究所刊)」は絶版になっているようだが、心配はない。近所の図書館などから借りて読めばいい。どうしても、この本が欲しいのなら、Amazonあたりが古本を高額で売っている。

***ちょっと説明―プライベート・ライティング [#x65da96f]
[[マンダラート>http://www.mandal-art.com/]]も[[100円ノート「超」メモ術>http://dbmemo.com/]]もホームページに詳しい説明がある。だが、プライベート・ライティングについては上記で説明したように絶版となっているようなので、簡単に説明しておく。
**事前準備の説明 [#sa0f7f93]
まずは、(1)プライベート・ライティング、(2)100円ノート「超」メモ術、(3)マンダラート定規、それぞれの方法について簡単に説明しよう。
***(1)プライベート・ライティング [#r2e4f11f]
自分で決めたあるテーマに対し、ノートなどに10〜20分間で知っていることすべてを書き出すというもの。続けて書くなら2〜3日後にする。人に見せるものではないので、正直に書くというのがミソ。ポイントは下記の6点。

#br

自分で決めたあるテーマに対し、ノートなどに10〜20分間で知っていることすべてを書き出すというもの。続けて書くなら2〜3日後にする。人に見せるものではないので、正直に書くというのがミソ。ポイントは下記の6点。
+肩の力を抜く
--目じりを吊り上げて行うというのではない。
+早く書き続ける
--いつもの2倍程度のスピードで書き、書くことがなくなったら最後の言葉を繰り返してもよい。
+限られた時間で書く
--はじめは10分間、慣れたら15〜20分間書き続ける。
+考える言葉で書く
--声をだして読んだ場合、他人でも分かるようならダメ。
+思考に導かれるままに書く
--Aが正しければ、Bは正しいかもしれない。そしてBが正しければ、Cは正しいという方向性を保つ。
+新たな方向を探る
--書籍の中ではフォーカスチェンジャーといっているようだが、要するに疑問や方向性などを別の側面からも検討するということ。

#br

面倒なようだが、要するに(1)頭の中で考えていることをすべて吐き出せ、(2)そして検討しろ、この2点に尽きる。
面倒なようだが、要するに(1)頭の中で考えていることをすべて吐き出せ、(2)そして検討しろ、この2点に尽きる。そして、ここで採用したいのは、最初にノートに考えていることを書くものの、「&color(red){''頭の中で考えていることをすべて吐き出せ''};」ということ。

**マンダラート定規を作る [#o1e507c4]
本題へ戻ろう。まずはささっとノートにマンダラート図形をかけるよう、マンダラート定規を作る((今回は厚手のボール紙で作ったが、これがフニャフニャしてきたら、100円ショップで売っていそうな子供用下じきで作る予定。))。詳しい説明は必要ないだろうが、マンダラート図形をトレースして下記の画像のように定規を作るわけだ((サイトを検索してみると、過去にマンダラート定規を自作した人もいたようだが、定規の画像も詳しい説明もない。作り方ぐらい、自分で考えよう!))。
***(2)100円ノート「超」メモ術 [#v9f2fdc1]
ここで採用したのは、100円ノート「超」メモ術のうちの「&color(red){''インデックス作成方法''};」。

#br

知っている人なら、特に説明の必要はない。ノートの最終ページに、インデックスページを作るだけで、必要となるページをすぐに開ける。実は、この方法は別の用途用のノートで採用しており、詳しくは「[[超メモ術のノート改造方法>南の爪/超メモ術のノート改造方法]]」で説明している。

#br

簡単に言うなら、この方法を応用しただけ。

***(3)マンダラート定規 [#w4f53d69]
ささっとノートに「&color(red){''マンダラート図形を書けるようマンダラート定規を作る''};」。詳しく説明すると長くなるので、自分用に作成した定規の製作方法は「[[マンダラート用定規>南の爪/マンダラート用定規]]」のページを参考にしてほしい。

#br

紹介したのはA5ノート用なので、ふだんB5あるいはA4のノートを使っている人なら、それように作るだけ。面倒なようだけど、作るのにはやはりちょっと苦労した。このマンダラート定規製作の記事は、この記事の少し前に書いたのだが、目的はこのノート作成のために作ったものだ。((サイトを検索してみると、過去にマンダラート定規を自作した人もいたようだが、定規の画像も詳しい説明もない。これを参考に、必要と思う人は自作しよう!))

**ノートへの記述方法 [#tdb300a8]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS