• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#norelated

#contents

#br

**年間スケジュールシート、2014年版 [#c78f96fb]
少々余裕ができてきたので、いまのうちに超整理手帳用の「見開き年間スケジュールシート2014年版」を作成しておくことにした。もはや説明の必要もないと思うが、下記のようにして使用する。左側に上半期分、右側に下半期分をはさみ込み、2013年のスケジュールシート上半期が終了したら、2014年上半期分のシートのみ差し替える。これで常にこれからの1年間が見渡せる。


#br

#ref(calendar_ph.jpg,center,nolink,年間スケジュールシートの設置例)

#br

シートの概要は過去のとおりで、その特色は下記のとおりで、いままでと同じ。 ;)
--2ページ展開で1年間を見開きで見渡せるが、1枚のシートは半年間。
--したがって、上半期が終了したら、翌年の上半期のシートを挟み込む。
--こうすることで、常にこれからの1年間が見渡せる。
--すでにお分かりとは思うが、やはり基本は通常のスケジュールシート。こちらは自分の工夫で使用していただきたい。

#br

おおよそ下記のようなスタイル。

#br

#ref(calendar001.png,center,nolink,年間スケジュールシート概要(1))

#br

#ref(calendar002.png,center,nolink,年間スケジュールシート概要(2))

**ダウンロード [#v32057eb]
見開きタイプ年間計画表(2014年版)が必要だと思う方は、下記からダウンロード。今回もいつもと同様にLibreOffice((LibreOfficeは統合オフィスプログラムで、無償で使用することができます。ダウンロードしたい方は「[[こちら>http://ja.libreoffice.org/home/]]」へどうぞ。))で作成後、ハイブリッドPDF((「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」と進み、全般タブの中から「Open Documentファイルを埋め込む LibreOfficeで編集可能なPDFにします」という項目にチェックマークを付けて作成している。))に変換している。

#br

ハイブリッドPDFってなんだという人のために簡単に説明すると、次のようなことである。
--LibreOfficeを持っていない人は、普通のPDFファイルとして使用可能。
--LibreOffice持っている人は、LibreOfficeでこのPDFファイルを開くと作成したCalcで編集が可能。

#br

&color(#F89720){■};見開きタイプの年間計画表(2014年版)/zip圧縮/
#ref(2014calendar.zip)



#br

**コメント [#z88d0025]
コメントをどうぞ!

#hr
- ここ何年か、毎年のように作成しています。ダウンロードして使用してくれる方は、おそらく使用方法にも習熟していることでしょう。 -- [[しのご]] &new{2013-03-28 (木) 17:01:11};

#comment_nospam


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS