ホームズ研究のテーマ

だれでも思いつくようなもの、シリアスな本格的なホームズ研究などは、ほとんど出つくしいると思う。まじめな研究(?)ならともかく、ちょっと面白いネタであるならちょっと調べてみようと思ったわけだ。

 

今回調べてみたのは「ホームズと食事そして飲み物」である。

 

何回も読んでいると、コーヒーを飲むシーンがたびたび出てくる。イギリスと言えば紅茶のイメージだが、ホームズはコーヒーを中心に飲んでおり、ごくたまに”お茶”*1が出てくる。さらにはウィスキーを飲むのは良いのだが、ウィスキーソーダというのがたびたび出てくる。いまの日本でいうハイボールなのだろうか。

 

食事に関しては、朝食はトーストをかじっていることが多く、ベーコンやタマゴなどで、これは今日でいうベーコンエッグみたいなものか。それ以外には、我々の感覚でいう単品もの(?)のメニューが多い。そして食堂(レストラン)で食事をすることが多く、こういう場合のメニューは不明だ。

 

このようなホームズと食事、飲み物の展開を調べてみたら面白いだろうと思い、各種ホームズ関連本をみてみた。そうすると「ビクトリア朝時代の食事」などと書いてある。いったいビクトリア朝時代の食事とは、どんなものだったのだろう? また身分制や貴族制度、ベイカー・ストリート・イレギュラーズにみられるように貧富の差も著しい時代なので食事もさまざまであったろうに……。

 

次の項目で、正典(聖典)に出てくるホームズの「食事」「飲み物」のシーンを抜き書きしてみた。ほかにもワトスン博士や登場人物の飲食物シーンもあるのだが、あくまで「ホームズ本人」に限定した。なおホームズ物語は新潮社文庫をベースにしており、事件名やページ数などはそれを参照項目にしている。

 

ホームズ物語での飲食物シーン

シャーロック・ホームズの冒険

  • ボヘミアの醜聞
    • ろくに口をきかず、しかしやさしい眼つきで、そこの肘掛椅子にかけろと手で示し、葉巻の箱を投げてよこし、部屋の隅のウイスキーやソーダ水のサイフォンのある場所を示した。(P.10)
    • そこで街をぶらぶら歩いてゆくと、予想のとおり裏庭のへいに沿う横丁で営業している厩舎があったから、馬丁が馬をこするのを手つだってやって、お礼に金を二ペンスと混成酒を一杯、それにシャグタバコを二服もらったうえ、アイリーンのことをすっかり聞きだしてきた。(P.30)
    • 「コールド・ビーフでビールを一杯やることさ」といってホームズはベルを鳴らした。
      「あんまり忙しくて、食べることを忘れていたが、今晩はもっと忙しくなりそうだ。ところで、君に助太刀を頼みたいんだがね」(P.35)
    • いまターナー夫人がお盆をもってきてくれたら、詳しく話すよ」と、このとき下宿のかみさんの用意してくれた簡単な料理を引きよせて、むさぼりながらいった。(P.36)
    • そして翌朝、コーヒーでトーストをかじっているところへ、早くもボヘミア国王陛下がとびこんでこられた。(P.48)
  • 赤髪組合
    • サンドイッチとコーヒーを一杯やって、サラサーテのヴァイオリンを聞きにゆこう。(P.86)
    • 「そこでね、ワトスン君」ホームズはその朝早くベーカー街で、ウイスキー・ソーダをやりながら説明してくれた。(P.101)
  • 花婿失踪事件 (なし)
  • ボスコム谷の惨劇
    • 短い手紙を一本書くかもしれないが、すんだら帰って午飯にしよう。(P.173)
    • レストレードを降ろしておいて、宿へ帰ってみると、食卓の用意がちゃんとできていた。食べるあいだホームズは黙りこんで、当惑しきった人のように、苦しそうな表情で考えふけっていたが、テーブルが片づけられると静かにいった。(P.176)
  • オレンジの種五つ
    • 起きてみるとホームズはもう朝食のテーブルについていた。(P.219)
    • ちょっと呼鈴を鳴らしてくれないか、女中が君のコーヒーをもってくるから。(P.220)
    • 帰るとすぐ戸棚のまえへ行って、パンをちぎってほおばり、ガツガツしながら水をのんで、グイグイ胃の腑へ流し込んだ。
      「そんなに腹がすいたのかい?」
      「飢死にしそうだ。食べるのを忘れていたんだ。朝から何も食べなかった」(P.222)
  • 唇の捩じれた男
    • ぜひお聞きしておきたいと思ったことは、これで大体うかがいましたから、夜食をいただいたら休むことにしましょう。(P.260)
    • 「朝めしまえにひと乗りどうだね?」(P.262)
    • さ、ワトスン君、いまから馬車で家へ帰ったら、ちょうど朝飯の時間だね。(P.275)
  • 青いガーネット
    • 食事は七時、山鴫のご馳走があるはずだ。ところで最近の事例を配慮して、ハドスン夫人に山鴫のえぶくろを調べるように頼んでおくかな。(P.292)
    • 「じゃ夕飯はそっくり夜食にまわすとして、ほとぼりの冷めないうちに手掛かりをだぐってゆこうじゃないか」(P.296)
    • 十五分ばかりでPルームスベリー区のアルファに着いたが、ここはホルボーンへ通ずるとある町の角にある小さな宿屋をかねた居酒屋で、ホームズは酒場のドアを押してはいるなり、赤ら顔で白エプロンの亭主にビールを二杯注文した。(P.296)
    • いよいよつぎなる事件の吟味にとりかかるとしよう。こいつもやっぱり鳥が中心だがね――山鴫だよ。(P.315)
  • まだらの紐
    • ところでこっちは朝食にしようじゃないか。食後に僕はちょっと登記所まで行ってきたい。何か役に立つ役にたつ資料が得られると思うんだ。(P.340)
  • 花嫁失踪事件
    • こんな面倒な質問をやらされたんだから、ウイスキー・ソーダと葉巻でもやらなくちゃ引合わないよ。(P.387)
    • 使いの男が若者に手つだわせて箱をあけると、驚いたことに、中から贅をこらした冷ものの夜食料理が現われて、それが下宿の粗末な裸テーブルのうえに片端からならべられたのである。ご馳走は冷たい山鴫が二対、雉が一羽、鳥肝捏物のパイが一皿、それに蜘蛛の巣だらけの古酒まで何本か添えてある。(P.394)
  • 椈屋敷 (なし)

シャーロック・ホームズの帰還

  • 空家の冒険 (なし)
  • 踊る人形 (なし)
  • 美しき自転車乗り(なし)
  • プライオリ学校
    • それに疎林もひとまわり歩いてみたが、次の間にココアの用意ができているよ。きょうはだいぶ忙しいんだから、急いでもらいたいね。(P.161)
    • そろそろ暮れかけてきたが、早朝から何も食べていない私たちは、ここで食事のために若干の時間を費した。(P.173)
  • 黒ピーター
    • ホームズはくすくす笑いながらコーヒーをついで、(P.199)
    • 私たちはハドスン夫人調理するところの、すばらしい朝食をともにした。(P.224)
  • 犯人は二人
    • 出かける前に何か冷たいものでも食べることにしよう。(P.254)
    • はたせるかな、ひるの食事の途中で彼はとつぜん腰をあげてさけんだものである。(P.270)
  • 六つのナポレオン
    • ま、とにかく行ってみよう。コーヒーがテーブルに用意してあるよ。(P.279)
    • とあるレストランへ入って、急いで昼食をかきこんだのは、昼もよほどすぎた時分だった。(P.294)
    • ホームズは薬味台に新聞をたてかけ、食べながら読んでいたが、一、二度くすくすと笑った。(P.294)
  • 金縁の鼻眼鏡
    • 駅の宿屋で馬車の用意をしてくれるあいだに、急いで朝食をかきこみ、すぐに仕事にかかれる用意をととのえて、いよいよヨックスリー古館へと向かった。(P.332)
  • アベ農園(なし)
  • 第二の汚点
    • せかせかと出かていったり、慌しく帰ってきたり、ひっきりなしに煙草をやるかと思うと、ヴァイオリンをかきならしてみたり、ふかい思索にふけったり、とんでもない時刻にサンドイッチをむさぼり食ってみたり、どうかした拍子に私から話しかけても、ろくに返事もなかった。(P.426)
    • 「これをどう思うね、ホームズ君?」彼が朝食をすますあいだに、私はこの記事を朗読してやってから意見をもとめた。(P.430)

シャーロック・ホームズの思い出

  • 白銀号事件(なし)
  • 黄色い顔(なし)
    • とはいうものの、待つこともなく、ちょうど午後のお茶をすませたばかりのところへ、つぎのような電報がとどいた。(P.89)
  • 株式仲買店員(なし)
  • グロリア・スコット号(なし)
  • マスグレーヴ家の儀式(なし)
  • 背の曲った男(なし)
  • 入院患者
    • 話がすむと、警部は書生を探しにいそいで出ていったので、私たちはそのままベーカー街へと朝食をたべに帰った。
      「三時には帰ってくるよ」食事がすむとホームズは立ちあがった。(P.272)
  • ギリシャ語通訳(なし)
  • 海軍条約文書事件
    • ウォータルーの終点駅についたのはみじに三時二十分だった。食堂で大急ぎのランチをすませ、すぐ警視庁へと急いだ。(P.343)
    • フェルプスのほうは健康を回復したうえに、捜査に加われるというのですっかり嬉しがり、食堂で私たちとランチをともにした。(P.359)
    • 食卓の用意はできていた。私がベルを鳴らそうとしているところへ、主婦のハドスン夫人がお茶とコーヒーをもってはいってきた。(P.365)
    • ホームズはがつがつ食べるし、私は好奇心でむずむずだし、フェルプスはまるで意気消沈のていである。
      「ハドスン夫人はずいぶん気がきくね」ホームズはチキンのカレー料理のふたをとりながら、あまり変わった料理も知ってはいないが、スコットランド女にしちゃ朝食の作りかたは心得ているほうだ。ワトスン君、それは何だい?」
      「ハムエッグさ」
      「それはいいね。フェルプスさんは何をやります? チキンのカレー料理ですか? 卵ですか? 何でもお好きなものを注文してくださいよ」(P.366)
    • 卒倒でもされては大変だから、私たちはブランディをむりに飲ませてやった。(P.367)
    • シャーロック・ホームズはコーヒーを一杯のみほすと、こんどはハムエッグを平らげ、やおら立ってパイプに火をつけて、自分のひじ掛けいすに腰をおちつけた。(P.367)
    • そこの居酒屋へはいってコーヒーを一杯のんでから、水筒に飲みものを詰め、ポケットにサンドイッチを用意して夕方になるのを待ってウォーキングに出かけました。(P.368)
  • 最後の事件(なし)

シャーロック・ホームズの事件簿

  • 高名な依頼人
    • その晩にふたたび私たちはストランドの例の料理屋で食事をともにした。(P.31)
  • 白面の兵士(なし)
  • マザリンの宝石
    • ビリー、閣下をお見送り申しあげたら、ハドスン夫人にね、用意のできしだい二人前の夕食を出してほしいと伝えておくれ。(P.132)
  • 三破風館(なし)
  • サセックスの吸血鬼(なし)
  • 三人ガリデブ(なし)
  • ソア橋(なし)
  • 這う男
    • いうのを忘れていたが、そのとき私たちは古風な宿屋の一室におさまって、ロンドンでホームズがうわさしていた有名なワインを一本なかにすえて坐っていたのである。(P.316)
  • ライオンのたてがみ(なし)
  • 覆面の下宿人
    • それよりも戸棚にヤマウズラの冷肉とモンラッシュのうまいワインが一びんあるはずだから、それで元気をつけてから、出かけるとしようよ。(P.378)

緋色の研究

  • 第一部 元陸軍軍医 医学博士ジョン・H・ワトスンの回想録再刻
    • さあ、それでははやく昼食をすませて、ノーマン・ネルーダを聴きにゆこうよ。(P.73)
    • ホームズと私は朝食をとりながら、これらの記事をいっしょに読んだのだが、ホームズには記事がよほどおかしかったらしい。(P.91)
  • 第二部 聖徒たちの国(なし)

四つの署名

  • 四つの署名
    • 下の部屋へ降りてみると、もう食事の用意ができていて、ホームズはコーヒーを注いでいた。(P.114)
    • こんなものにはかまわないで、まずハム・エッグでもやりたまえ。(P.114)
    • 「たいへんなことになったもんだね」ホームズはコーヒーをかきまぜながらいった。(P.116)
    • あとはここでいっしょに食事していただくことくらいのものです。三十分で支度ができます。牡蠣と雷鳥が一番、それに、ちょっといける白ワインもあります。どうだいワトスン君、家政上の僕の手腕については、君だってまだ知らないだろう?(P.140)
    • テーブルが片づけられると、ホームズは時計を出してみて、三つのグラスにポート・ワインをなみなみと注いだ。
      「今夜の成功を期して乾杯しよう。そしてもうそろそろ出かける時刻になった。ワトスン君、きみはピストルを持っているかい?」(P.141)

バスカヴィル家の犬

  • バスカヴィル家の犬
    • それから愉快な昼食がはじまった。その席では、私たちがこうして会食するにいたったそもそもの原因であるところの、例の事件については、誰もほとんど口にしなかった。(P.79)
    • そばにはこまごました台所道具のほか、半分ばかり水のはいったバケツもある。缶詰のあき缶の散乱しているところからみると、相当前からここにいるのだろう。なお、とぼしい光線に眼がなれてくるにつれて、小皿や半分ばかり残った酒のびんがすみのほうにあるのも見えてきた。(P.226)
    • あけてみるとパンが一塊、牛肉の缶詰が一つに桃缶が二つ入っていた。(P.226)
    • ところで夕食には間に合わないとしても、夜食の用意くらいはできているだろうね?(P.255)
    • とりあえず必要な衣類など二人で都合してやって、おそい夕食のテーブルにつくと、私は今晩の冒険について、ヘンリー卿の聞きたがると思われる部分だけ、さしつかえない範囲で話してきかせた。(P.255)
    • ホームズはそれからほとんど黙りこんでしまって、この古い貴族の肖像画にすっかり引きつけられたらしく、食事のおわるまでそのほうばかりながめていた。(P.260)
    • 手をつけるにはまだ二時間ひまがあるから、その間に食事をしておきましょう。(P.274)
    • 出がけにマルチーニへよって軽く夕食をとってゆこうよ。(P.314)

恐怖の谷

  • 第1部 バールストンの悲劇
    • 目の前に並べられた朝食には手もつけようとせずに、さっきからほおづえをついて、封筒からとりだした紙きれにじっと見いっているのである。(P.7)
    • 五時ごろにひどく腹をへらして帰ってきて、私が頼んでやった夕食兼用のお茶を、がつがつと摂った。(P.104)
    • いまね、この四つ目の卵を平らげたら、詳しいことを話すつもりだよ。(P.105)
    • ホームズは口いっぱいにトーストをほおばって、いたずらっ児のような眼を光らせ、当惑しきっている私を見かえした。彼の食欲のさかんなのを見ただけで、捜査がうまくいっているのはわかった。(P.105)
  • 第2部 スコウラーズ(なし)

シャーロック・ホームズ最後の挨拶

  • ウィステリア荘(なし)
  • ボール箱
    • 御者君、食事をしたいから、どこか手ごろなホテルへやってくれたまえ。(P.89)
    • 簡単な食事を愉快にすませたが、そのあいだホームズはヴァイオリンのことしか話さず、いまもっているストラディヴァリウスは少なくとも五百ギニーの値うちのものだが、それをトテナム・コート通りのユダヤ人の質屋でわずか五十五シリングで買ったいきさつを、大得意で語った。(P.89)
  • 赤い輪(なし)
  • ブルース・パティントン設計書
    • いまケンジントン区グロスター通りのゴルディニ・レストランで食事中。すぐ来援されたし。(P.188)
    • ホームズはそのけばけばしいイタリア料理店の入口にちがい小さな丸テーブルに席を占めていた。
      「なにか食べるかい? じゃキュラソー・コーヒーを付きあいたまえ」(P.189)
    • やっと軽い夕食をすませて、探索に出かけることになってほっとする思いだった。(P.199)
  • 瀕死の探偵(なし)
    • 仮病というやつ、小論文にまとめてみたいと思うことがよくあるが、半クラウンだとか牡蠣だとか、かけ離れたことをでたらめにしゃべってみせると、面白いほどに精神錯乱者の効果がだせるものだよ。(P.236)
  • フランシス・カーファクス姫の失踪(なし)
  • 悪魔の足
    • ではワトスン君、食事はあとにしよう。(P.304)
  • 最後の挨拶
    • 「さあ、もう一杯だ、ワトスン君!」シャーロック・ホームズはインペリアル・トカイワインの瓶をさしだした。(P.349)
    • ちょっと窓をあけてくれないか。クロロフォルムのにおいは酒の味を悪くする。(P.349)

シャーロック・ホームズの叡智

  • 技師の親指
    • 彼は例のもの静かな愛想のよさで私たちを迎え、ベーコンのうす切りと卵とを追加註文してくれ、いっしょに気持よく食事をとった。(P-14)
  • 緑柱石の宝冠
    • 彼は食器棚の上で牛肉の大きな塊りからうすく一片切りとって、輪切りのパンの間にはさみ、その粗末なサンドイッチの弁当をポケットへねじこんで、捜査の遠征にと出かけていった。(P.77)
    • たいへんな上機嫌で、手にした古い深ゴム靴をぶらぶらさせながら入ってくると、それを部屋の隅へ放りだしておいて、自分でお茶をいっぱいついでぐっとのんだ。(P.77)
    • 翌朝起きて食事のため下へ降りてみると、いつのまに帰ったのか、彼はちゃんとそこにいてコーヒーカップを手に、片手には新聞をもって、おそろしく元気で服もきちんとしていた。(P.78)
  • ライゲートの大地主
    • それでこれから説明をはじめるまえに、さきほど化粧部屋でひどい目にあったので、いまだに少し変ですから、申しかねますがこのブランディを少しご馳走になりたいと思います。(P.120)
  • ノーウッドの建築士
    • ははあ、たったいま食事中に、このワトスン博士と、近ごろの新聞にはセンセーショナルな記事がさっぱり出ないと、話しあっていたばかりですよ。(P.135)
  • 三人の学生
    • おかみは七時半にはグリンピースを煮ておくとか何とかいっていたようだった。(P.199)
    • おそい夕食をすますと、ながいこと坐りこんで、黙想にふけっていた。(P.199)
    • 朝飯が私たちの帰りを待っているはずですから、じゃワトスン君、帰ろう。(P.210)
  • スリー・クォーターの失踪
    • テーブルの上に用意しておいた温かいものぬきの夜食で空腹をみたすと、パイプに火をつけ、さて、仕事がうまくゆかないときの癖で、半ばおどけたような、それでいて諦めきった態度で話をはじめようとしているところへ、馬車の音がしたので、腰をあげて窓の外に眼をやった。(P.237)
  • ショスコム荘
    • それまでのところ、われわれの素性をあくまでさっき亭主に話した通りにしておきたかったら、亭主に酒を出させて杯を交わしながら、鰻やウグイの話でもすることにしようよ。(P.275)
    • この日はホームズもこれ以上の計画はないらしく、午後は水車小屋の川でほんとに釣道具を振りまわし、夕食のテーブルに鱒を一皿加えることができた。(P.277)
  • 隠居絵具屋
    • 翌朝私が早起きしたつもりで起き出してみると、テーブルの上にはトーストの屑や卵の殻が二個分のこっていて、ホームズはもう起きて食事をすましたことを物語っていた。(P.301)
 

ホームズ物語の飲食物シーンまとめ

こうしてみてみると、ホームズの飲食物にまつわるちょっとした特色が出ていることに気がつく。そして、それは当時のビクトリア朝時代の雰囲気が背景としてあるものの、一般市民的なものだった。

 

そうしなければ、探偵の依頼が来なければ、また読者の支持も得られなかったろうと思う。

 
  1. 朝食はトーストが中心なのは、イギリスであれば当然だったような気がする。
  2. イギリスといえば紅茶だが、ホームズはコーヒーを好む。もちろんコーヒーばかりでは飽きるから、たまには紅茶なのか。
  3. ビールやワインも飲むが、ふだんはウィスキーソーダを飲んでいるようなシーンが多い。いまでいうハイボールのファンなのだろうか。部屋の中にもウィスキーソーダを作るセットがあったりする。
  4. 一カ所だけワインの名称が出てくるが、調べてみたらとんでもない値段だった。
  5. まれにブランデーが出てくるが、だいたいは気付け薬としてであり、それも水割りにしたりする。ボクもマネしよう(笑)。
  6. 食事は、朝食でのほとんどはパン、ベーコン、卵など。そしてコーヒーというスタンダードなものだった。
  7. 昼や夜の食事はさまざまで、またレストランということも多い。
  8. いくつかメニューが出てくるものは、たぶんにして事件解決へ向けての特別な機会だから書いてあるのだろう。そうなると一般的な普段の夕食メニューとしては不明だ。
 

コメント

コメントがあれば、どうぞ!


  • ホームズと飲食物のうち、コーヒーと酒の種類に関しては納得できたけど、食事に関してはちょっと時代が異なる。 -- しのご 2018-03-28 (水) 20:22:35

 


*1 イギリスだから「tea」とあったにしても日本茶などではなく、この国らしく紅茶なのだろう。
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-28 (水) 20:28:25 (143d)